教育一覧

ヘンな鳥の最古参?「カカポ(フクロオウム)」。レックという愛の儀式と、現在。

鳥って時々アホみたいなのいますよね。 まずペンギンね。ペンギン。 南極とかに住んでて、鳥のクセに飛べないんですよ。泳ぐのが上手なの。歩くのはド下手なの。寒さに適応するためにちょっとおデブですし。 飛べない鳥といえばダチョウ。 鳥なのに飛ばない道を選んだから最大体重は100キロ超え。背の高さは2メートル超え。最高時速はな...

夜行性の動物ってどこで見れるの? 東京から行ける夜の動物園も!

皆さん「動物園の思い出」といったら何を思い浮かべますか? 学校遠足や、両親に連れて行って貰ったなど……。子供の頃の思い出ばっかりじゃないですか? 大人になってからは、お子さんのために連れて行ってあげることが多いかと思います。 大人の皆さん、いつのまにか 「動物園は子どもたちのもの!」なんて思っていませんか? そんなことないですよ! 現代...

遺伝学用語「優性」「劣性」が「顕性」「潜性」になるらしい。その意味と変更理由、似た言葉「優生学」について。

日本遺伝学会が、これまで使われてきた用語「優性」「劣性」を「顕性」「潜性」に変更するそうです。 ではそもそも優性・劣性とは何だったのでしょうか?どうして変更されたのでしょうか? 似た言葉に「優生学」がありますが、これは関係しているのでしょうか?

昔恐竜が好きだった大人へ:今時の絵本やイラストの恐竜には当たり前のように羽毛が生えている

子供の頃、恐竜が好きだった大人へ。 恐竜に羽毛が生えていたという話はニュースなどで聞いたことがあるかもしれません。 最近は子供向けの絵本にも、研究の成果が反映されています。 かつて夢中になった絵本。 同じ恐竜の時代を描いたものが、今や別世界となっています。

それでも生で食べたい!イカや鮭のアニサキス症対策をした非加熱の料理をご紹介!

人類というのは食べ物に対して様々なチャレンジをしてきたようです。 きのこや発酵食品、蜂の子、ざざむし、ナマコ、毒のあるフグをどうにか食べようとしてみたり... 寄生虫も食べ物にまつわる危険のひとつ。 今回は、危険があっても刺身が食べたいという先人の熱い思いが伝わってくる、アニサキス対策を施した料理をご紹介します。 アニサキスとは? ←別ページへ!