一人暮らしの飼いやすいペット おすすめは爬虫類!

gecko

今回は一人暮らしのおすすめペットについてです。なかでも、爬虫類をおすすめします。

でも、一人暮らしというと、家族がいないので自分が世話をしなければいけません。また、社会人や学生だとそうそう、暇は取れないはずです。だから、飼うのは難しいかなと思ってしまいますね。大丈夫です。

今回の紹介ペットは一人暮らし向けに厳選しました。具体的な飼いかたがわかれば、自分に向いているペットもわかりますよ。淋しい一人暮らしもペットと暮らすと、雰囲気が変わりますよ。

では、具体的なペットの話に入ります。

一人暮らしの飼いやすいペットって何?

皆さん、飼いやすいペットって何でしょう?

私が考えるに3つのポイントがあります。

「飼育環境が簡単である」

これは、飼うペットが厳しい環境に住んでいたり、餌が特殊な場合、巨大に大きくなる個体等は飼うのが難しく、お金がかかります。

「飼う生き物自体が丈夫であるか」

これは、上のポイントと多少かぶりますが、生き物の頑丈さです。病気、怪我、ストレス、温度変化、飢餓等に強いかです。

「生き物の値段が安い」

値段が安いということは、比較的入手しやすいということであります。

これらの3つのポイントを踏まえている飼いやすいペットを紹介します。爬虫類では、亀、トカゲ、蛇。魚類では金魚、熱帯魚、淡水魚。両生類では、カエル、イモリ。鳥類は文鳥、セキインコのような小型な鳥、昆虫はメジャーな生き物であれば可能です。今回は爬虫類の紹介をメインとしますので詳細な生き物の種類は割愛させてもらいます。

爬虫類の飼いやすいペット、独断ランキングTOP5

では、ここで爬虫類の飼いやすいペットを私の独断でランキングをつけました。参考程度に考えてください。

1位ヒョウモントカゲモドキ

2位コーンスネーク

3位フトアゴヒゲトカゲ

4位ロシアリクガメ

5位ニホントカゲ

1位ヒョウモントカゲモドキ

トカゲモドキということで、ヤモリの仲間です。丈夫さ、紫外線を必要としない、餌も比較的入手しやすい、などと安心して飼えます。初めて爬虫類を飼うなら、ヒョウモントカゲモドキをおすすめします。また、丁度いい大きさ、見た目のカラフルさもあり、人気物です。爬虫類の看板ペットといっても過言ではないですね。

2位コーンスネーク

蛇の代表的なペットです。大人しい、さまざまな色合いの個体がいる。日本の気温にも適しているので飼いやすいです。また、長さはあるが体積はそこまで大きくないので、広いケージじゃなくても飼育が可能であることも魅力的です。繁殖も可能です。

3位フトアゴヒゲトカゲ

トカゲ代表のペットです。まさに小さい恐竜ですね。トカゲらしさと愛くるしさがあって、人気です。丈夫で病気に強いのも安心ですね。大きさも60センチぐらいで、手頃な大きさです。爬虫類を味わいたいという方にはおすすめです。

4位ロシアリクガメ

亀代表です。水亀は臭い、水換えがあるとのことでこのランキングから外しました。ロシアと名前についているとおり、寒さにはつよいです。トカゲや蛇と違って、草食であることも魅力です。大きくても30センチぐらいの大きさになります。よちよち歩く姿は可愛いですよ。

5位ニホントカゲ

日本に生息するトカゲです。大きくても30センチぐらいの大きさになります。ちなみにカナヘビとの違いは尾が青色であるかで簡単に見分けられます。青いほうがニホントカゲです。日本産なので日本の気候にはぴったりです。

以上ランキング1位~5位でした。それぞれの魅力があるので、よく調べて、相談しながら飼うのを決めましょう。

珍しい爬虫類を紹介!珍しくても飼いやすい!

最後に珍しい爬虫類を一つ紹介します。

ヨロイトカゲです。

棘のような鱗を持ち、つぶらな黒い瞳が特徴です。太古の恐竜、まさに生きた化石の様な姿をしています。飼育も難しくなく、他のトカゲと同じように飼えます。値段も手頃なヒナタヨロイトカゲをおすすめします。自宅でミニ恐竜と暮らしたいという人には必見ですね。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする