仲良し夫婦の代名詞「オシドリ」。しかし本当は仮面夫婦!? おしどり夫婦の意味ってなんだろう。

えー「夫婦喧嘩は犬も食わない」などと申しますが。逆に仲睦まじいを俗に「おしどり夫婦」なんて申しますな。

さて、この「おしどり夫婦」という言葉はご存知のことと思いますが、その元になっている「オシドリ」のことは果たしてご存知でしょうか?

なんとなしに鳥であることはわかりますが、どんな鳥なのか皆目検討がつかない。「おしどり夫婦」といわれるだけにつがいはさぞかし仲がよろしいんでしょうね。

なぜか落語の枕のように始まった今回のテーマは

「オシドリ」。(Google画像検索)

へえ~こんな鳥なんですね。色とりどりでなんとも綺麗な鳥ではないですか。画像からもおしどり夫婦感が伝わってくるラブラブポートレートばっかりですね。ヒューヒュー。

それではそろそろ「オシドリ」について見ていきましょう。

・「おしどり夫婦」の語源と意味のおさらい。そもそもなんで「オシドリ」夫婦なの?

オシドリ。

漢字で書くと「鴛」あるいは「鴛鴦」と書くのですが、この「鴛鴦」というのは「オシドリのつがい」という意味。「鴛」がオスのオシドリ、「鴦」がメスのオシドリを意味しています。こういったスタイルの漢字表記が見られるものには「鳳凰」、「麒麟」がありますね。どっちも想像上の生物ですが。

もう漢字の段階で仲良し感漂っているじゃーあーりませんか。オスメスを合わせて初めて1種、という気配がなんだかロマンチックだし。

「おしどり夫婦」とは仲の良い夫婦のことを指しますが、オシドリは繁殖期につがいとなり、樹上に巣を作って卵を生むのですが、カップル成立からヒナが孵るまでの期間、オスはメスにぴったりくっついてともに過ごすので、その様子が仲睦まじいという由来もあります。

しかし他にも夫婦仲がいい鳥はたくさんいます。多くの猛禽類やハクチョウ、カモメやアホウドリなんかも一夫一妻で、アホウドリに至っては「離婚率(つがいを替えること)」が限りなくゼロに近い生き物とも言われています。なぜその中で「オシドリ」夫婦という言葉があるのか……。

中国の古いお話に「鴛鴦の契り」というものがありまして、これが元ネタではないかという説があります。内容をすごーく平たく言うと、

王様が部下の奥さんを奪ったところ、部下は自殺。部下の奥さんもその後を追ってしまいます。

怒った王はあてつけに2人のお墓を向かい合わせに作りました。「真でも一緒の墓には入れてやらない」というあまりに子供じみた復讐を。

しかし2つのお墓から木が生えてきて、互いに絡まり合って1つのお墓になりました。この枝にオシドリのつがいがとまって、悲しげに鳴いた……。

という中国故事によくある「意味がよくわからん」お話でした。しかし「オシドリ」と「仲の良い夫婦」が同時にモチーフとして使われていることから、このお話当時ではすでに「オシドリのつがいは仲がよい」とされていたのかもしれませんね。

・カモ目に属するオシドリ。似た者夫婦の真逆の、オスメスでぜんぜん違う見た目。

オシドリは「カモ目カモ科オシドリ属」に属する水鳥です。

体長は40~50センチほど、体重は0.5キログラムという。微妙に大きいサイズをしています。東アジアに分布し、原産は中国とされています。

ハイ見た目のおさらい。

画像で見てみるとオスとメスでぜんぜんビジュアルが違うのですが、

これはオスが「生殖羽(せいしょくう)」という、いわば勝負羽毛を身に着けている状態だからなのです。深い蒼やオレンジ色があしらわれている見た目から、写真撮影の対象としても人気があります。

オシドリのオスは繁殖期になると羽毛が成長し色鮮やかな見た目になります。生殖状態にないオスはメスと同じ地味~な色合いなのですが、やっぱり恋の季節、オスがオシャレをするのは嗜みなんですね。孔雀なんかもオスがハデでメスが地味ですし。

・オシドリ夫婦は「おしどり夫婦」には程遠い……。本当は仮面夫婦の生態。

えー、さんざん「おしどり夫婦」「仲良さそう」と煽ってきたオシドリなわけですが。

実は毎年、つがいが変わってしまいます。

と、いうかオスは子育てに協力すらしません。産ませっぱなしです。

オスがメスにラブラブなのは繁殖期だけのことで、意中のメスに気に入られるために猛アタック、カップルが成立するとメスから離れず仲睦まじい様子を見せるのですが……。

卵を温めるのはメスのみで、ヒナが孵るとオスはどこぞへと去っていきます。

いやまあ……自然界でどっちかの親だけが子育てを頑張る例はオスメス問わずありますし、自然なことではあるんですけど。なんか釈然としませんね。「おしどり夫婦」って言葉だけが独り歩きしてるからですね、きっと……。

そもそも「夫婦」という概念すら彼らには必要ないのかもしれません。

コレも1つの愛のかたち……?

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする