スカシカシパン、ブンブク…?特徴的な名前の種類がいっぱいの棘皮動物

へんないきものいっぱいの棘皮動物。

その特徴も名前も変わっています。

棘皮動物の特徴 そもそもコレの読み方は?

棘皮動物 →「きょくひどうぶつ」
と読みます。

まあ普段は使うことの少ない漢字ですよね。

棘皮動物門という分類群に含まれるのは、

  • ウミユリ網
  • ヒトデ網
  • クモヒトデ網
  • ウニ網
  • ナマコ網
    ※網(こう)と読みます
    分類群については別記事でまとめています

個性派ぞろいですが、同じ分類群に含まれるということで、当然共通する特徴を持っています。

それは、5放射対称

どういうことかというと…
ヒトをはじめ哺乳類、脊椎動物は左右対称の体をしていますよね?
棘皮動物は5つ同じ形のパーツを放射状にくっつけた体をしています。

その他の特徴は、殻・管足・水管系をもつこと。
口と肛門は放射の中心にあります。

わかりやすいのがヒトデ。
5本の腕のある星型をしています。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする