アメリカザリガニを釣って捕獲!そして飼育してみよう!

ザリガニ

身近な水路に生息しているアメリカザリガニ。その捕獲方法から飼い方まで、ご紹介します。

身近な生き物、ザリガニ。

「アメリカザリガニ」の名の通り、北アメリカ原産の生き物です。ウシガエルの餌や食用に輸入されたものが逃げ出して、北海道を除く全国に生息しています。「ニホンザリガニ」もいますが、よく見かけるのはアメリカザリガニの方です。(ニホンザリガニはいまやアメリカザリガニに追われ、希少な生物となってしまいました。)

大変丈夫で飼いやすく、飼育観察初心者におすすめの生き物です。

網で、釣りで、アメリカザリガニを捕獲!

網ですくってアメリカザリガニを捕まえる

魚すくい用の網で捕まえる方法です。ザリガニは驚くと後ろ方向に素早く逃げるので、網はザリガニの後ろから近づけます。

障害物が多い場所は工夫しましょう。岩などの障害物の中に逃げ込まれないように、障害物とザリガニの間に網を入れて逃げ道をふさぎます。

アメリカザリガニを釣る

「釣り」といっても釣り針は使いません。たこ糸ににぼしやスルメを結びつけて、ザリガニの目の前に落としてやります。ザリガニが少し遠い!という場合は、棒の先にたこ糸を結びつければ遠くに落とすことができます。

ザリガニが餌を見つけてはさみでしっかりとはさんだところで引き上げる、という方法です。

タイミングによってはザリガニが餌を放してしまいます。餌の種類や結び方、引き上げるタイミングなど、釣りが成功しやすい方法を調べると面白いと思います。夏休みの自由研究にも良いですね。

釣りは流れのあるところは向きません。ザリガニ釣りは水の動きがほとんどないところでしましょう。流れのある場所は網が有利です。ただ、流れのない場所では、網で捕まえることができない、岩の隙間のザリガニも捕まえられるかもしれません。

ザリガニの持ち方

捕まってしまったザリガニは、はさみを振り上げて威嚇してきます。どうしたらはさまれずに持つことができるのでしょうか?

ザリガニを持つ場所は、胴体のはさみの付け根部分です。ここを親指と人差し指ではさむと、はさみが届きません。

アメリカザリガニを捕まえたら、次は飼育です。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする